pagetitle_blog

Nomura Yuki

野村悠記

髪の状態やクセを見極める丁寧なカウンセリングで、 ライフスタイルに合わせたカットやカラーをご提案します。 独自のパーソナルカラー診断を元に、様々な技法を活用した 「デザインカラー」で、さりげないトレンド感をプラス。 外国人風のやわらかい質感に仕上げるラフパーマも得意! また、海外講師、CM撮影ヘアメイク、ヘアショーなどの活動も。 ブログやキュレーションメディアでもライター活動も行っており 多くのお客様からの支持を得ている。

  • mery

デザインするしてるしてもらう

wpid-1427248263952.jpg
;

HONEY野村です

昨今、ロゴデザインやらなんやらと話ありますね…

そう言うのには完全に素人なので難しいとこですが;

素人なりにそう言った”デザイン”は大好きです!!

渦中のpinterestも良く手の空いた時はちょくちょく観てますw

美容師としてもヘアデザイナーとして意識はもってます!!

 

自分の好きなデザインもあるし、お客様が求めてるデザイン(スタイル)もある

広告デザインや空間デザイン、楽しそうだなってよく思います、

ただ、”自分のデザイン”が使えると言うわけではない時はいっぱいあると聞きます。

「ここはこうして下さい」「それはNGで」「OOを使って下さい」

などなど……

”仕事”として割り切ってデザインをしてる人もいるかなと。

 

昨今話題の点も、実際「うっわ、やばいね;」的な「恥ずかしくないのか」的な

色々な意見ありますが…んん、どうなんでしょ

プロが「知らない素人意見だからと…」といっても

それを観て感じる気持ちは平等と言うか、比較・評価するのは自由だし

そう感じたならそう感じさせるデザインだったのかなと。

だからと言ってプロもプロとしての想いをもってデザインしてかないとですが

美容師もお客様が感じた気持ちが答えかなと思います。

 

美容師って技術職で”髪”に携わる仕事で、今ではヘアスタイル以外の美容に携わる幅も広がっている仕事。まぁ確かに”美容師”って名自体も美容全般に当たる気がするけどw

さっき言った”自分のデザイン”って言う事は美容師にとって、不思議とお客様にデザインを提供すると言うよりか、お客様の新しいデザインを一緒に共有するって意識の方が多くかんじる※自分はだけど

ヘアショーとか業界紙など、どちらかと言うと”美容師に発信・業界活性化”とかはまた別だが。

もとめられる物に対して技術もちろん自分自身全部で応える、お店スタッフで応える

話し方・動き・施術・雰囲気

 

自分のしたいデザインをお客様にデザインするじゃなくて

お客様のしたいデザインに共感と共有をもってデザインするのが楽しいんだろうと思う

こんなに多くの人と出会って、話して、笑って、教えて、教えてもらって…って言う仕事中々無い

※他にもあるかと思いますが心に収めといて下さい

最近はお店のスタッフを見て自分はどんなスタッフ関係を作りたいんだろうと

自分自身もまだまだ、もっとお客様とスタッフと楽しいく喜んでもらえるよう考える事が多く

 

小さな事もしっかり取り組んでいけるよう頑張んないと(–;)

スタッフ一人一人が何をしてるのか・したいのか、何を知りたいのか

ある意味、比較・評価していかないと成長ってないのかなって…

しっかりスタッフとも共有していきたいと思います。

 

あー、かなり思想の強い記事でしたね

たまにあります。

 

次は気を付けますm(_ _)m

HONEY野村


HONEY公式サイト:honey.tokyo
HONEY公式Twitter:@honeytokyo_
HONEY公式Facebook:/honeytokyo
HONEY公式instgram:@honeytokyo_
HONEY公式LINE@:@honey2014