pagetitle_blog

Shiho Kawaguchi

川口詩穂

若い女性男性は勿論、小さいお子さんからマダム層まで、楽しく丁寧に施術させて頂きます。 ナチュラルスタイル、ボブ、メンズヘアが得意で、持ちの良さに定評があります。 ライフスタイルの変化や年齢で、日々変化する気持ちを汲み取りながら、 一人一人違う「カワイイ」の定義を一緒に共有しながらスタイル作りをします。

  • wear

夏休み頂きましたー!

今年も残り1ヶ月で終わりますね。

さて、先週5日間、遅めの夏休みを頂きまして、

常夏プーケットへ行ってまいりました。

楽しかったので海外旅行を検討中の方に無理矢理オススメしたいので、ちんたらと誰も求めていない旅ログを書きたいと思います。
day1

この日は8:30に羽田空港に着きたかったのですね。

なので7:30には家を出なきゃなのです。

なんですが…iPhoneが鳴って目覚めた私。

アラームかと思ったら電話です。

時刻は7:15
O    M    G      !    !    !
友達に起こしてもらわなければ私は日本残留だったかも。

急いでシャワーを浴び、スッピンでびしょ濡れの髪を振り乱して空港へ。

危ないところでした。
飛行機の中ではビールを飲みまくります。  

プーケットには夜到着。やっぱり夏でした。

day2

この日は早起き。7時にはチェックアウトして迎えのバンに乗り込み港へ向かいました。ピピ島へ1泊しに行きます!

ビックボートで1時間半。ピピドン島到着です。  

ここで船を降りるはずが、グリーンとイエローのシールの人は船に残るように言われました。

私達の胸元のシールはグリーン。

スーツケースを持った人達が続々と船を降りていきます。

おかしいなぁ?

船は再び動き出し、ピピドン島を離れました。あれ?

アナウンスではシュノーケリングの説明が始まりました。

これは完全に日帰りシュノーケルツアーの日程です。どうやら私達は予約とは違う色のシールを貼られた模様。

何の準備もしていない私達はシュノーケルも出来ないし、文句を言ったところで海の上ではツアーの離脱は出来ません。  ということで大人しく綺麗な海をバックにビールを飲み、再びピピドン島に一時停泊するまで待ちました。

ピピドン島に着いて、海沿いのレストラン、トンサイシーフードへ。


 早速スイカシェイクを頂きました。

タイに来たら絶対オススメなのはスイカシェイクです。ビール好きの私がビールを頼まずにソフトドリンクを頼むのだからよっぽどです。

  
もう1つオススメなのがロティ。看板にはパンケーキと書いてます。これはバナナヌテラ。バナナエッグミルクも美味しいです。とにかく美味しいのでこれもタイに来たら絶対!

 

ローダラムビーチから見るサンセット。遠浅なので潮が引いてる夕方は沖までお散歩出来ます。
夜になるとビーチ沿いはネオンとクラブミュージックで一気に雰囲気が変わります。

ファイヤーダンスをしていたり砂浜でみんなで踊ったり。   
この時間には町中でバケツ酒が売り出されています。

好きなお酒の組み合わせでカクテルが作れ、数人でシェアするタイスタイルのお酒。

ウォッカとレッドブル、パイナップルジュースにしました。

これを持ってビーチパーティーへ行くのがオススメです。

  

day3

  
この日はシュノーケリングツアー。

ロングボートでディカプリオの映画The Beachのロケ地となったマヤベイに行きました。

   
こちらピレーラグーンはバスクリンでも入れたかのような色!

 

ピピ島には猫がたっくさんいて、人懐っこくて全然逃げない!でーんと道の真ん中で寝てたり、暑くて冷蔵庫に入っちゃう子もいたり。猫天国でした。
day4

 プーケットに戻ってきてパトンビーチへ。 
 お昼は有名なバイレイというお店でカオマンガイ ピセー!これほんと美味しすぎて毎日食べたくなりました。

食後はホテルのプールでひたすら遊ぶ!

   

 夕方は予約していたおしゃれな高級リゾートスリパンワのバーまではるばる1時間かけて来たんだけど

このお天気!そして風!

 
向こうに見える掘りごたつみたいなシートでお酒を飲む予定が、雨風で座れず、屋根のある席になってしまいました。

  

 
お天気のせいで残念な結果でしたが、接客、セキュリティなどホスピタリティがしっかりしていて流石だな、と思いました。貧乏人が来るようなところではありませんでしたね。笑

夜食に屋台でラーメン。こっちの方が性に合いますね。 鶏肉柔らかくておいしかったー。

day5

 最後は朝ご飯食べてキコックでした。

帰国さみしい。

ちんたら日記に付き合って頂きありがとうございます。

これでもかなり端折ったのですよ。

もっと聞きたい物好きは私のところへどうぞ。笑

  


HONEY公式サイト:honey.tokyo
HONEY公式Twitter:@honeytokyo_
HONEY公式Facebook:/honeytokyo
HONEY公式instgram:@honeytokyo_
HONEY公式LINE@:@honey2014